Arles Wool Tweed Balmacaan Coat

はっきりとした発色のもの、あるいは黒や紺などのモノトーンのアイテムが多い私のクローゼットの中では、優しい色味・素材のPhlannèlの服は、特段優しい気持ちにさせてくれるものとして重宝します。自分が疲れているなと感じるときや季節の変わり目には、天然繊維のお洋服には自然と手が伸びてしまうことも多々あります。

このアルルウールを使用したツイードのバルマカーンコートは、Phlannèlでは何シーズンもアップデートして作っている定番アイテム。今年は細番手の糸で細かなヘリンボーン柄が作られ、素朴でどっしりとしたイメージのあった今までのコートに比べてよりクリアな印象になっていると思います。よく見るとオレンジや茶色やクリームがかった色目など様々な色がミックスされていますが、それなのに野暮ったくならない、魅力的なツイードです。

さらに今年のものは今までに比べて少し肉が薄くなったことで、中に合わせるアイテムは薄手のものから厚手のニットまで、幅広くなんでも合わせやすくなったのはポイントが高いです。

ニュアンスカラーのスタイリングでまとめてもPhlannèlらしくて素敵だと思いますが、私は手持ちのアイテムの中でも特に多い黒を差して、少しシャープさを出してスタイリングするのが好みです。特に仕事に出かける時などは、気持ち的にも引き締まるアイテムと合わせるのが、バランスがいいなと個人的に感じます。

今日はツイードのバルマカーンコートのインナーに黒のロング丈のワンピースで合わせることで、クラシックになりすぎない着こなしにしました。小ぶりなモールドのbagはスタイリングのアクセントに。

Phlannélというブランドは、個性や癖がないように見えてすごくブランドのカラーが出ます。それを自分らしいスタイリングに落とし込めるよう、気をつけていますし、バランス次第でどんなスタイリングにも、どんなアイテムにも、自然と馴染んでくれるような懐の深さはあるので、「自分らしい」を大切にスタイリングを楽しんでいます。

Women's Director Nakade

一覧ページへ Scene02