Wool Rib A-line Dress

通勤時間帯は冷たい風が吹くことも多く、海の近い横浜では特に体の強張るときもあります。休みの日も素敵な場所へ出かけたいけれど、ショートカットの私には、暖かく過ごそうと着込んでしまうと女性らしさのバランスを取るのが難しい、と感じるのが最近の悩みでした。その悩みを解消してレディに過ごせるPhlannélのニットドレスとニットパンツは、最近の私の愛用品です。

ニットタイプのワンピースには、元々は少なからず苦手意識ありました。体のラインをしっかり拾ってしまうものが多く、気兼ねなく着用することを難しく感じることが多かったためです。このニットドレスは体に沿いすぎないので、日常着として気負うことなく気軽に着用でき、またきれいにAラインに広がってくれるので女性らしくいることができます。

Wool Rib Knit Pants

ニットパンツもゆったりめで後ろにスリットが入っており、靴に少し溜まる丈感なのですが、今回合わせているメンズライクな革靴にニットパンツがかぶるシルエットが、個人的に好きな合わせです。ワンピースの中に履くだけで暖かに過ごせ、ニットドレス、パンツ共にチクチクとしたウール特有の着用感も一切なく、着心地がとても良いので出番が多いです。

休みの日はカフェに行くことが多いのですが、カフェでのテラス席はとても気持ち良いので、このニットシリーズで出かけ、暖かに外の空気を感じながらカフェの時間を楽しむことが多いです。また、美術館に出かけたり、海辺の都会的なスポットで自分時間を過ごす時でも、暖かに過ごせ、女性らしさも忘れずに休日を楽しむことができます。私にとっての休日は「気兼ねなく、自分らしくいる」ことが大前提なので、日常着としてのこのニットシリーズにはとても魅力を感じています。

これからの時期はコートの中に女性らしくワンピースを忍ばせ、またニットパンツは他のワンピースやスカートとのレイヤードとしても楽しみたい。これから冬に向けて、暖かく女性らしさを兼ね備えたアイテムは、私の強い味方になってくれそうです。

Yokohama Staff Okawa

Scene02 一覧ページへ Scene04