Cotton Yak Hoodie

今シーズン購入したPhlannèlのCotton Yak Hoodie。冬場はニットを着ることが多いので、個人的に久しぶりのパーカーです。Cotton Yak Hoodieはその名の通り、カシミヤのような光沢感や柔らかさを誇るヤク素材が含まれており、パーカーでありながらも、程よい品の良さを感じます。

ドローコードを省いていたり、フラットシーマで縫製した縫い目の凹凸がないミニマムなデザインなどカジュアル過ぎないディテールに惹かれました。ヤクが含まれた生地を裏起毛させている為、保温性にも優れ、今時季はインナーを挟めば、カフェなど外に出掛ける際も暖かく過ごしていただけます。なにより着心地がとても柔らかく、厚みのある生地ですが、ストレスがまったくないです。パーカーの肝となるフードのボリューム、形も良く、一枚でも様になりますし、コートを着用してもバランス良く収まります。

FW-128 Corduroy

光沢のあるコーデュロイパンツやベルベッドパンツなどを合わせてもこのパーカーでしたら、馴染みが良く、すんなりとスタイリングにはまります。

木枯らしが吹き、冬らしい季節になってまいりました。私のように冬はニットばかりの方にもお勧めですし、様々なパーカーをお持ちの方にも他とは異なった、シンプルながらもPhlannèlらしい素材の良さを体感していただけるかと思います。洋服を通して、日常を心地良く過ごしていただける力添えが出来たら幸いです。

Aoyama Staff Koumura

Scene03 一覧ページへ