Cotton Silk Thermal Day Dress

洋服に興味を持ち始めた10代後半の頃から、デザイン性が高い装飾を施した洋服よりも、素材に拘った着心地が良い洋服が好みでした。気持ちの切り替えという理由もあり、仕事着と休日着を完全に分けて購入してきましたがPhlannèlと出会いその必要もなくなりました。

今では近所の花屋にも、煌びやかな表参道にも、自然を感じたくなって散歩する公園にも、様々なシーンを問わず景色に馴染む、私にとっても魅力的なブランドです。

Phlannèlのサーマル生地は、ピマコットンとシルクを表糸に、オーガニックコットンを裏糸に採用した素材で、品の良い光沢感と柔らかな肌触りが特徴です。冬のサーマルの装いということで、保温性に優れたPhlannèlのウールリブニットパンツと合わせてみました。フラットシューズだと柔らかな印象になりがちなので、ヒールブーツと合わせてよりドレープの際立つ女性らしい装いにしてみました。

Wool Rib Knit Pants

何日か前まではアウターが無くても快適に過ごせる気温でしたが、いよいよアウターが必需となる肌寒い日が近づいてきましたね。1枚でシンプルな洋服こそ、ショールを掛けたり、アクセサリーで組み合わせを楽しんでみたり。コーディネートの幅が広がります。 Phlannèlの気取らず、着ると柔らかな気持ちにもなる洋服を是非体感して頂きたです。

Aoyama Staff Adachi

Scene04 一覧ページへ Scene06