i am dork for BLOOM&BRANCH
はじめての取り扱いとなるI am dorkよりBLOOM&BRANCHの別注アイテムが誕生。店舗をイメージして製作した4種のシャツ、またシャツに合わせて提案するパンツ2種と共に、製作までのストーリーをご紹介します。
ANSNAMを手掛ける中野靖氏が設立したI am dork。自身が素材セレクトやパターン製作などの監修を務め、デザイナーにはFOR flowers of romanceの岡野隆司氏を迎え、シャツとパンツのみでコレクションは構成されています。
ドラッグや暴力が蔓延し混沌としていた1990年代のNY。写真家ラリー・クラークの代表作ともいえる映画「KIDS」は、当時のストリートを生きる少年たちを題材に描かれ、ファッション界や多くのデザイナーに影響を与えました。I am dorkはそんな90年代のスケーターたちをソースに、岡野氏による当時のストリートファッションへの解釈、中野氏のセレクト・製作する素材やパターンによって、最高級のクオリティを持ち合わせたアイテムが展開されています。
今回の別注シャツは、中野氏がイタリアの生地屋Bonfanti Tessutiで買い付けたストックから、BLOOM&BRANCHの4つの店舗をイメージした生地をセレクト。この4種の生地は量産するほどのメーター数を持ち合わせない、いわば残反だったとはいえ、旧織り機による手間と時間をかけた製法により、最高峰の老舗生地屋ならではのクオリティを持ち合わせています。
両襟下に隠されたボタンダウンがディティールとなったシャツは、90’sを彷彿とさせるビッグシルエットに、緩やかなカットが美しい裾、剣ボロに2つのカフスボタンといったドレスシャツのような品の良さもプラスされた一枚。コレクションサイズの02サイズに加え、BLOOM&BRANCHではサイズダウンした01サイズを新たに製作しました。
for AOYAMA Shop
Wide BD Shirt (AOYAMA) ¥53,900 / Wide Pants (Sand) ¥59,400
小ぶりなパターンのギンガムチェック。ブルーが配色されつつもブラックがチェックベースに使用され、シックな印象を感じさせます。
for TOKYO Shop
Wide BD Shirt (TOKYO) ¥53,900 / Wide Pants (Smoke Green) ¥59,400
赤・青・黄・緑の4色で構成されたチェック。やや肌色が通るような薄手の肉感とシルクのような滑らかさを持ち合わせ、4種の中で一番のハリを感じさせる生地です。
for KYOTO Shop
Wide BD Shirt (KYOTO) ¥49,500 / Wide Pants (Smoke Green) ¥59,400
爽やかな青のギンガムチェック。4種の中でも特にコットンらしい柔らかさを持ち合わせ、ドレスシャツのような上品さとカジュアルさを持ち合わせた風合いです。
for YOKOHAMA Shop
Wide BD Shirt (YOKOHAMA) ¥49,500 / Wide Pants (Sand) ¥59,400
青と茶が交差するシンプルなチェック。ハリとなめらかさ、柔らかさを感じさせる質感は 、他3種の生地をバランスよく掛け合わせたかのような肌触りです。